新型ノア(90系)に・新型ヴォクシー(90系)のテールランプとブレーキランプを装着 取り付け方法を解説 前編(テールランプ)

新型ヴォクシー

新型ノア(90系)に・新型ヴォクシー(90系)のテールランプとブレーキランプを装着方法を解説していきます。

経緯

ノアの顔は好きだけどテールはヴォクシーの方が好き・・・

そう思ったことはありませんか?

私は契約時に最後までノアとヴォクシーで悩み続けました。

私はノアを選びましたが、納車されて道を走っていると前に新型ヴォクシーが!

やっぱりカッコいい!

新型ノアの顔付きでテールはヴォクシーみたいな車に乗れたら最高なんだけど・・・

あれ?でも兄弟車だから装着できるんじゃ?

過去にも先代のノアヴォクシーだけでなくシルビアと180SX等々

兄弟車でパーツを流用するカスタムは存在します。

そこで調べてみると新型ノアと新型ヴォクシーは外観の形状が一緒見える!

内側のネジの数も一緒!

しかし新型でノアをヴォクシーテールにしている人の情報はネットで見る限りありませんでした。(2023.4)

もともと車いじりは好きなので、最悪加工してつけようと意を決してヴォクシーテールを購入!

理想の愛車を求めていざ人柱に!


必要なパーツを入手する

弥勒
弥勒
交換に必要なパーツは以下になります。


ヴォクシーのテールランプ一式 中古5~8万円(相場状況による)新品10万以上?

私はヤフオクで購入

矢崎総業 090型II 4極 オスカプラー・端子セット (取り付けには2個必要)

新型ヴォクシーのテールランプを光らせる為に2個必須(SGグレードの場合)

シェアスタイル 2色切替可能 ハイフラ抵抗内蔵 ウインカーランプ

ブレーキと連動させたいので私はを使用

配線コード・工具類(所持している場合は不要)

【エーモン AMON】エーモン 3363 ターミナル & ツールセット 検電テスター付

何も所持していない初心者の方はコレがあれば配線の作業はできます。

エーモン 2570 配線コード(赤) 0.5sq 20m

SGの方は光らせる為に必須

エーモン 2571 配線コード(黒) 0.5sq 20m

SGの方は光らせる為に必須

エーモン 1173 配線コード(黄)0.75sq 5m

SGの方は光らせる為に必須

エレクトロタップ 20個 0.5-1.5 12V 84W / 24V 168W 配線

 

エーモン工業 3307ギボシ端子セット5セット入 ダブルタイプ 配線コードの分岐に

 


内張りを剥がす

弥勒
弥勒
僕はもう取り付けてしまったので
取り付け後の画像ですが作業の注意点を解説していきます。
弥勒
弥勒
まずはバックドアの内張を剥がしていきます。

弥勒
弥勒
最初は窓の上の部分から

弥勒
次は両サイド


弥勒
最後に下の大きなパネルを外す


弥勒
すべて剥がすとこんな感じになります。



テールランプを外す

弥勒
次は元々ついているテールランプを外していきます。
僕は交換済みなので外さずに注意点だけお伝えします。

弥勒
10箇所のネジを外していきます


弥勒
ネジを外したら白と黒のクリップで
止まっている状態なので
引っ張れば外せるのですが・・・

弥勒
僕は外れませんでした。


弥勒
そこで僕は、クリップを内側から
ラジオペンチで摘まみながら押し出しておいて

弥勒
もう1度外側から
エンブレムの付いたガーニッシュ部分を引っ張ると外れました。


テールランプを装着する

弥勒
テールランプが外れたら
ヴォクシーのテールランプ装着していきます。

弥勒
注意点としては
ヴォクシーのテールランプから
コネクター付きのケーブルが出てるので
そちらを先に内側に繋がる穴に通してから装着してください。

弥勒
それ以外は
ネジの数やクリップの数は一緒なので、
押し込んでから最後にネジを締めて完了です。

テールランプまでの配線を作る

弥勒
ノアのSGグレードはバックドアのテールランプが光らないので、もともと配線がありません。


弥勒
無いので自分で電源を取ってこないといけないのですが
夜間ヘッドライトがついた時とブレーキを踏んだ時に
テールランプも点灯するようにしたいので
ナンバー灯とストップランプの方から
スモール電源とブレーキ+を取ってきます。

弥勒
ナンバー灯の配線はこれ


弥勒
作業がしやすいように
コネクターを外します。

弥勒
スモール電源の配線は
右から2番目の黒の配線になります。
横には
左側に水色の配線
右側に白黒の配線があります。

弥勒
僕はもう取り付けていますが
この黒の配線にエレクトロタップ等を使って
左右に配線を1本ずつ
テールランプのコネクターの所まで伸ばしていきます。

弥勒
続いてはブレーキを踏んだ時にも
テールランプを光らせたいので
バックドアにあるストップランプから
電源を取ってきます。

弥勒
ストップランプの配線はバックドア上部にあります。
コネクターについている赤の配線が
ブレーキのプラスになるので
コレもエレクトロタップ等を使って配線を伸ばして左右に1本ずつ分岐させます。

弥勒
最後にマイナスを取る配線を作ります。
バックドアに左右1つずつボディアースを
取っている箇所があるので、
そこから左右のカプラーに届く程度の長さで
配線を作成します。


カプラーに伸ばした配線を装着

弥勒
それでは伸ばしてきスモール・ブレーキ・マイナスの
3種類の配線を
矢崎総業さんのカプラーに取り付けていきます。

弥勒
取り付けの際は付属している端子に配線を繋げてから
カプラーに端子を取り付けてください。

弥勒
ヴォクシー側の端子の配置なんですが、
右上が赤のスモール
左上が茶色のブレーキ
左下が黒のマイナスになります。
同じ配線同士が接続できるように
オスカプラーにも端子を取り付けてください。

弥勒
カプラーができたら
いよいよテールランプ側のカプラーに接続して完成です。

テールランプ完成

弥勒
最後に点灯チェックをしましょう。



後編へ

弥勒
次回ブレーキランプ編


コメント

タイトルとURLをコピーしました